本文へスキップ

次の世代への伝言 

民主主義と人権・反戦を心から伝える下山房雄のページ


◆以下、ご自分のPCを「125%」に拡大して、読むことをお勧めします。
 ←サイト右上部の「青印」をチェックして!

下山房雄のホームページへようこそ。

神奈川県海老名の地から、憲法九条を守り、発揮させる活動を起こしたエネルギーとともに、「1000円の最賃を」「レッドパージの反対のたたかい」「国鉄の解雇を認めない」など次の世代に伝えたい今日的発言を発信し続けています。



 

 

◇経済原論論争プラス日中両国共産党共通の課題・私の解釈
                        PDF版(全ページ)
D特定非営利活動法人かながわ総合政策研究センター(NPO かながわ総研)『研究と資料』(No.149までは『かながわ総合科学研究所 所報』)
                       2017・01・16更新
 日中両国共産党共通の課題・私の解釈、1998.12、No.97。
 経済原論論争六題@ 労働力商品価値はどこに? 1998.12、No.97。
 経済原論論争六題A 使用価値の量は計れる! 1999.2、No.98。
 経済原論論争六題B 労働強化による剰余価値生産は絶対的? 相対的? 1999.4、No.99。
 経済原論論争六題C 労働力価値と価格の一致・不一致問題、1999.10、No.101。
 経済原論論争六題D 価値量の規定−社会的必要労働時間の大きさ−加重平均支配平均・平均原理限界原理、2000.4、No.104。
 経済原論論争六題E 経済学の方法=抽象は非現実的仮定? 2000.6、No.105。
  (注)各数字をクリックしてください。文献ページの当該項目にリンクしてあります。     








神奈川最賃千円裁判傍聴記 (二十五)         2017・01・01更新topics




◆かながわ総研所報『研究と資料』 2016年12月号掲載原稿(下山房雄・かながわ総研元理事長) PDF版












最近の論攷・書評   2017・01・01更新   (以下、下線はリンク付き) topics

「アベ政治とアベノミクスの現段階 一億総活躍社会と同一労働同一賃金」(下山房雄 稿)  (未UP)


――『アベノミクス崩壊 その原因を問う』(牧野 富夫編著、新日本出版社、2016年6月18日)       2017・01・01更新











戦争法廃止・4市(海老名・綾瀬・座間・大和)共同市民の会―活動報告  PDF版)


下山房雄、「えびな・九条の会」(第119号、2016年12月23日)
(左をクリックすると拡大)        2017・01・01更新









河上肇記念会総会に出席   PDF版                                      

『不屈 治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部版』2016年11月号原稿、下山房雄
                    2017・01・01更新











●アベノミクス第二ステージ      2016・03・17更新
少子高齢化に対する財界の危機意識   PDF版)

下山房雄、労働総研ニュース2016年3月号『一億総活躍社会』批判 6―7頁



アベノミクス労働政策の欺瞞


下山房雄、労働運動総合研究所、労働総研クォータリー、No.95、2014年夏季号


(2015.10.06)
 アベノミクス労働政策批判再論日本再興戦略2014批判 労働総研ニュース、2014年10月号7-8頁)     
 アベノミクス虚偽性の深化日本再興戦略2015批判 労働総研ニュース、2015年10月号)       
 「アベ政治を許さない」ローマ法王フランソワの提言―武器販売の禁止えびな九条の会会報、2015年10月号投稿原稿)




 書評・浜林正夫『イギリス労働運動史』(学習の友社2009年7月刊 本体2400円 四六版287頁)、下山房雄、<季刊・労働者教育 137号>2010年4月刊


労農派マルクス主義について


【書評】石河康国著『労農派マルクス主義 ――理論・ひと・歴史』(大原社会問題研究所雑誌) 642/2012.4)
   http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/642/642-06.pdf


赤馬通信(復刻版)   2016・09・01更新    topics

    掲載ページへ

赤馬通信(1)靖国公式参拝と国鉄分割民営化の接点、2001.8、No.112。
赤馬通信(2)渡蓮華山のこと、2001.10、No.113。
赤馬通信(3)〜〜からの自由、2001.12、No.114。
赤馬通信(4)テロ国家アメリカを描く本と映画、2002.2、No.115。
赤馬通信(5)市川正一碑前祭参加のことなど、2002.4、No.116。
赤馬通信(6)銘菓「舌鼓」、2002.6、No.117。
赤馬通信(7)私の学長の仕事、2002.8、No.11S。
赤馬通信(8)70人・10万人・90万人――日朝首脳会談コメント、2002.10、No.119。
赤馬通信(9)江華島(カンファド)と板門店(パンムンジョム)を訪ねる旅、2002.12、No.120。
赤馬通信(10)下関市大国際シンポ顛末記、2003.2、No.121。
赤馬通信(11)戦争が始まりまし。戦争に反対しましょう、2003.4、No.122。
赤馬通信(12)日本の大学は何処へ行く? 2003.6、No.123。
赤馬通信(13)軍事大国=日本、2003.8、No.124。
赤馬通信(14)都留重人『体制変革の展望』の労働論、2003.10、No.126。
赤馬通信(15)マルクス労働疎外論の現代的意義、2004.02、No.127。



私と国鉄・JR1047人首切り反対のたたかい 2015・01・23更新topics

 

2.15集会までに10万署名の達成を―全国運動は一つの潮流をなしてきた  (PDF版)


「会報 国鉄闘争全国運動―国鉄分割・民営化反対! 1047名解雇撤回」、56号(2015年1月15日)
(左をクリックすると拡大)
  下山房雄(署名運動呼びかけ人/九州大学名誉教授)

 この全国運動は一つの潮流をなしてきたと思う。34カ所で国鉄集会や8万4千の署名を集めているとか。自治労や日教組からも集まっている。僕と似たような気持ちの人がかなりいると思う。この潮流以外はもう国鉄分割・民営化問題は終わったと処理している。
 たとえば社会保険庁解体について年金機構法は改革法23条とまったく同じ条文。
 社会保険庁のことは、全労連も必死にやって社民左派も一緒にやってますよね。その中で改革法23条と同じ条文を使ってやっていることはほとんど言われない。それは、国鉄の方は4・9で終わった、変わったとしている判断。
 しかし全国運動の潮流はそう判断しないでまだひっくり返せる可能性があるとがんばっている。私はその部分にだけコミットしているが、これからやれることをやりたいと思っている




国鉄・JR解雇について


(2014.03.14)
JR採用差別容認は憲法28条の解釈改憲だ!!、国鉄闘争全国運動刊リーフ「暴かれた真実 2」4頁所収 
http://www.doro-chiba.org/z-undou/pdf/abakaretasinnjitu2.pdf 




国鉄・JR解雇について


(2014.02.21)
国鉄民営化不当解雇27周年 2/16労働者集会挨拶





(2013.11.08)
11/3全国労働者総決起集会での挨拶 JR東日本株主会前会長 下山房雄
(2013.06.20)
6・9集会メッセージ――解雇撤回・JR 復帰判決要求東京高裁宛署名運動呼びかけ人 下山房雄
(2013.02.21)
<メッセージ>国鉄民営化不当解雇26年――2/17労働者集会への参加  JR東日本株主会前会長 下山房雄
音威子府・稚内・名寄・旭川四闘争団を訪ねて(国鉄JR問題懇談会・下山房雄、2006・07・20)(国労本部『国鉄新聞号外 国鉄闘争に連帯する会特集 第?号』)

私とレッドパージ反対のたたかい       2017・01・01更新topics


河上肇記念会総会に出席   (PDF版)               2017・01・01更新

『不屈 治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部版』2016年11月号原稿、下山房雄




映画「顔のないヒトラーたち」を観ました
  PDF版  2016・03・17更新

『不屈 治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部版』2016年4月号原稿、下山房雄(海老名市国分やまに平在住)




治安維持法で捕われ獄死したユン・ドンジュ(尹東柱)   (PDF版)


治安維持法国賠同盟「不屈神奈川湘北版」(2015年9月号T-3頁所収)
(左をクリックすると拡大)   2015・09・30更新










講演日本帝国主義の朝鮮植民地支配と治安維持法を考える


(「戦後70年 尹東柱没後特別企画 2015年8月22日、日本コリア協会かながわ県連主催第4回学習講演会)
(左をクリックすると拡大)








獄死の韓国詩人、尹東柱しのぶ 同志社大で没後70年式典


尹東柱の詩を朗読し、生きざまをしのんだ式典(京都市上京・同志社大)
  韓国の国民的詩人で、同志社大在学中に治安維持法違反で逮捕され、獄死した尹東柱(ユンドンジュ)の没後70年を記念した式典が14日、京都市上京区の同大今出川キャンパスで開かれた。参加者が尹の生きざまや作品をしのび、祈りをささげた。

 尹は同大留学中の1943年に朝鮮語で詩を書いたとして逮捕され、福岡刑務所で45年2月16日に27歳で亡くなった。死後、詩集が韓国で出版され、みずみずしい作風が今も高い人気を集めている。

 式典は同大OBの在日コリアンらでつくる実行委員会が主催し、約300人が参加。会場の教会には尹の遺影が飾られ、賛美歌や聖書の朗読が行われた。

 列席した駐大阪韓国総領事館の李賢主総領事は「尹の残した思い出も含めて資産として残していかねばならない」と日韓友好を訴えた。韓国を代表する現代詩人の高銀氏が尹の詩を朗読したほか、作品をテーマに講演した。

【 『京都新聞』2015年02月14日 23時53分 】



イタリア・ファシズム下の山宣事件―ムッソリーニに暗殺されたマッテオッティ議員(PDF版)

  『不屈491号 神奈川版』治安維持法国賠同盟神奈川県本部、2015年5月刊4-5頁




日本帝国主義下の朝鮮における治安維持法  (PDF版)


「不屈」湘北版、No.33号(2015.1.15)
(左をクリックすると拡大)






『不屈 湘北版』2014年2月号


  (2014.02.05)
治安維持法犠牲者を描く津田青楓の絵画
[治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部『不屈 湘北版』2014年2月号、2014年2月3日 甲午如月節分]




   (2013.12.28)
多喜二の杉並・中野を歩く、多喜二追悼ウオーク(続)、下山房雄、[治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部『不屈 湘北版』2014年1月号、2013年12月21日]
(2013.05.17)
本間要一郎絵画展観覧[神奈川県労働者学習協会月刊機関紙「学習運動ニュース」原稿
(2013.03.08)
多喜二追悼ウオーク、下山房雄、 [治安維持法国賠同盟神奈川県本部湘北支部『不屈 湘北版』2013 年 3 月号掲載]



『不屈 湘北版』2012年10月号

 

(2013.03.08) 
紹介:大林道子『山本宣治と母多年―民衆と家族を愛した反骨の政治家』
(ドメス出版  2940円)、下山多美子、治安維持法国賠同盟神奈川県湘北支部『不屈 湘北版』10号原稿(201210月刊)



戦後レッドパージの根本について


(2013.10.28)
神奈川県レッド・パージ反対同盟第13 回総会発言、下山房雄(治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部『不屈 湘北版 23(2013.12.15)』に掲載)
国賠同盟―レパ反対同盟―救援会、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟、『不屈 神奈川版』2012年3月号5頁



神奈川レパ反対同盟『証言でつづるレッドパージ六〇年』推薦!、下山房雄(神奈川学習協元会長)、[神奈川学習協「学習運動」393 号2012 年3 月刊]
横浜弁護士会が政府にレッド・パージ犠牲者の救済を勧告〜「いかなる状況下でも許されるものではない」、下山房雄(えびな九条の会・代表)、週刊新かながわ、2010 年3 月28 日号掲載原稿) 。


神奈川最賃千円裁判傍聴記          2017・01・01更新topics


日本とコリア                2014・08・24更新topics

日本と韓国・朝鮮をつなぐ





定価250円(年間3000円送料込)
発行者 日本コリア協会・福岡 TEL/FAX O92−962−0618
〒811−0112福岡県粕屋郡新宮町下府1−2−31堀田広治気付


暴かれる朝鮮戦争時の惨劇、「ノグンリ虐殺事件 君よ、我らの痛みが分かるか」を読んで、「日本とコリア」第104号、下山房雄、2009年6月1日
丹波マンガン記念館を訪ねて、「日本とコリア」第105号 下山房雄、2009年7月1日
『君よ、我らの痛みが分かるか』――朝鮮現代史百年とアメリカ、「日本とコリア」第106号 下山房雄、2009年8月1日(2014.02.21、86号)

えびな9条の会                2017・01・01更新topics


戦争法廃止・4市(海老名・綾瀬・座間・大和)共同市民の会―活動報告  (PDF版)


下山房雄、「えびな・九条の会」(第119号、2016年12月23日)
(左をクリックすると拡大)    2017・01・01更新    











   2015・10・06更新
 「アベ政治を許さない」ローマ法王フランソワの提言―武器販売の禁止えびな九条の会会報、2015年10月号投稿原稿)
  

「戦争法案反対の参加報告」  (PDF版)


「えびな・九条の会」(第104号、2015年09月25日)
(左をクリックすると拡大)










永遠のゼロ=平和映画? 戦争映画?  PDF版)


「えびな・九条の会」(第103号、2015年08月28日)
(左をクリックすると拡大)
戦争法案ノー 飛び入りも 神奈川海老名(「赤旗」、2015年8月19日)、自由民権以来の大きなパレード えびな9条の会が主催(「新かながわ」、2015年8月23日







護憲活動の活動を一層高めよう!!  (PDF版)


「えびな・九条の会」(第97号、2015年01月25日)
(左をクリックすると拡大)







   

シンポ「安倍政権と日本社会の行方」報告  (PDF版)


「えびな・九条の会」(第92号、2014年8月22日)
(左をクリックすると拡大)




 

九条学校=孫崎講演会報告


「えびな・九条の会」(第91号、2014年7月18日)
(左をクリックすると拡大)






駅頭でのアッピール活動をすすめて



(2014.02.21)映画『ハンナ・アーレント』のこと、「えびな9条の会・会報」(2014.02.21、86号)
(2013.12.28)
国会請願署名を会員の総力で集めよう!、「えびな・9条の会」会報(2013.12.20、84号)


駅頭でのアッピール活動をすすめて


(2013.08.24)
 集団的自衛権の論じ方
、「えびな・9条の会」会報(2013.8.21、80号

(2013.06.05

「えびな・9条の会」会報(2013.5.23、77号)(左をクリックすると拡大)


2012年日比谷5・3憲法集会参加報告(えびな9条の会代表 下山房雄、2012・05)
2011年5・3憲法集会に参加して考えたこと(えびな9条の会代表 下山房雄、2011・05)
日本国憲法9条を守り世界に輝かせよう(えびな9条の会代表 下山房雄、2006・06・14)

   
   

エッセイ・講演・書評など              2017・01・01更新topics

 
いがらし仁応援演説原稿――2016年1月8日・八王子いちょうホール
(2016年1月24日投票)八王子市長選 五十嵐仁さん応援演説原稿 (PDF版)





「学問の自由」と国旗掲揚・国歌斉唱は両立せず  PDF版)


「反戦情報」(第371号、2015年8月15日)
(左をクリックすると拡大)










読書の扉・ドナルド・キーン『渡辺崋山』を読む  PDF版)


下山房雄・かながわ総研元理事長、かながわ総研「研究と資料」191号、2015年8月1日)
(左をクリックすると拡大)









 政治学入門・上(1/2)――マックス・ウェーバー『職業としての政治』を読む――下山房雄(かながわ総研元理事長)、かながわ総研所報「研究と資料」2014年10月号33-37頁「読書の扉」
 政治学入門・下(2/2)――カール・マルクス「フランス三部作」を読む――下山房雄(かながわ総研元理事長)、かながわ総研所報「研究と資料」2014年12月号「読書の扉」投稿原稿



書評:高橋祐吉『現代日本における労働世界の構図――もうひとつの働き方を展望するために』  (PDF版
(旬報社、2013年12月25日)


大原社会問題研究所雑誌 674/2014年12月、評者:下山房雄







書評・師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書、2013年12月刊)を読む


下山房雄(かながわ総研元理事長)、研究と資料、NPOかながわ総合政策研究センター、No.184、2014年6月1日


孫崎享(うける)『日米同盟の正体』を読んで


NPOかながわ総研、「研究と資料」 155 2009年06月号







 

九条学校=孫崎講演会報告


「えびな・九条の会」(第91号、2014年7月18日)
(左をクリックすると拡大)











つれづれに……。

            右翼の呼称――日本とヨーロッパの違い

(2014.06.11)
右翼の呼称――日本とヨーロッパの違い、下山房雄、勤労者通信大学労働組合コース、2005年・月報(7)





(2013.02.13)
映画「レミゼラブル」と書籍「森鴎外」
(日本共産党海老名東支部「日本共産党からみなさんへ」第9号2013年2月号寄稿)(2013年1月23日)
▽読書ノート
岩永理恵著『生活保護は最低生活をどう構築したか 保護基準と実施要領の歴史分析』


『令嬢たちのロシア革命』について


(2012.10.01)
読書感想:斉藤治子『令嬢たちのロシア革命』、(岩波書店、2011年4月)


【投稿】住宅リフォーム、東京新聞、2012年9月7日(金)付け、投稿欄「発言」




  (2013.07.12)
私家版:書評『企業社会と労働組合』高橋祐吉著、労働科学研究所出版部、1989年3月)、下山房雄
「日本的経営」の裏舞台を描く――【書評】『ニッポン丸はどこへ行く』(青木慧著、朝日新聞社、1983年)、朝日ジャーナル、1983年9月16日号

   

三鷹・松川事件について


書評:梁田政方著『三鷹事件の真実に迫』松本善明著『謀略』、NPOかながわ総研「研究と資料」bP74―2012年10月刊「読書の扉」―稿案









神野直彦著『「分かち合い」の経済学』( NPOかながわ総研、「研究と資料」 163 2010年10月号)










本田昇著・中村隆一編『松川事件 60年の軌跡』(NPOかながわ総研、「研究と資料」 158 2009年12月号)
福島重雄・大出良知・水島朝穂編著『長沼事件 平賀書簡 35年目の証言 自衛隊違憲判決と司法の危機』(NPOかながわ総研、「研究と資料」 156 2009年08月号)
竹内章郎『新自由主義の嘘』を読んで(NPOかながわ総研、「研究と資料」 154 2009年04月号)
山崎圭一『リオのビーチから経済学』(NPOかながわ総研、「研究と資料」 150 2008年08月号、新日本出版社06年刊 四六判254頁 本体1600円)
現代フランス三題噺――マルク・モーリスとの対話(NPOかながわ総研、「研究と資料」137  2006年2月号)
 
 ▽かながわ総合科学研究所創立30周年記念フォーラム・報告1
21世紀 日本=神奈川の課題(NPOかながわ総研、「研究と資料」 133 2005年04月号)
東京新聞への投書―ボツ(NPOかながわ総研、「研究と資料」 129 2004年04月号)                  
福島大学「松川資料研究基金」への拠金を訴えます(海老名支部 下山房雄 2012・04・12)
平和共同候補へ市民の風を5・26「平和への結集」スタート集会

ビデオ発言。 録音発言。 2006・5・27)



新かながわ寄稿文             2012・7・10更新topics

新かながわ社『新かながわ』について


自由の窓 1 人生を続けるということ,2008年正月合併号  

自由の窓 2 人生を続けるということ―続,2008年1月20日号

自由の窓 3 日仏首脳の年頭記者会見評,2008年1月27日号

自由の窓 4 世田谷国公法事件18回公判,2008年2月3日号

自由の窓 5 日本フィル横浜定期演奏会,2008年2月10日号  

自由の窓 6 「母べえ」を観て声を挙げよう,2008年2月17日号  (2012・7・10)

自由の窓 7 新刊紹介「ザレイプオブ南京」,2008年2月24日号 (2012・7・10)

自由の窓 8 世田谷国公法事件19回公判,2008年3月2日号  (2012・7・10)

自由の窓 9 秋葉山二号墳上の憲政碑,2008年3月9日号  (2012・7・10)

自由の窓 おわり 憲法どおりの日本をつくろう,2008年3月16日号

   連載:連続で読めます(PDF版)  (2012・7・10)



下山さんの主な著書・共著

現代世界と労働運動 日本とフランス


著者     下山房雄/著
出版社名 御茶の水書房
発行年月  1997年0月
サイズ    A5判
定価:4,725円(税込)


    

労働時間短縮 その構造と理論


著者     大須賀哲夫/著 下山房雄/著
出版社名 御茶の水書房
発行年月 1998年07月
サイズ  A5判並製
定価  1,890円


  
 書評:評者・小越洋之助(國學院大学教授)(「大原社会問題研究所雑誌」、第487号1999年6月)


現代の交通と交通労働


著者   下山 房雄、沢 喜司郎、山本 興治、 香川 正俊
出版社名 御茶の水書房
発行年月 1999年01月
サイズ   A5判


現代労働問題分析


著者    石井まこと/兵頭淳史/鬼丸朋子編著
出版社名 法律文化社
発行年月 2010年04月
サイズ   A5判並製
定価    本体3,000円

  
 (2013.10.28)
▽論文
「日本的低賃金」論の系譜、下山房雄、『現代労働問題分析――労働社会の未来を拓くために』所収特別寄稿論文、(石井まこと、兵頭淳史、鬼丸朋子編著、法律文化社、2010年4月)
「日本的低賃金」論の系譜(仏文要録)、下山房雄、2009年11月[フランスの労働社会学者Marc Maurice(2011年1月没)への私信で送ったもの]

Mauriceについて


下山稿現代フランス三題噺――マルク・モーリスとの対話(NPOかながわ総研、「研究と資料」137  2006年2月号参照





書評:労働組合・労働問題のいま、未来――書評・論点より(本サイト内)
 

現代日本労働問題分析


著者   下山 房雄
出版社名 労働旬報社
発行年月 1983年08月
サイズ  46判上製箱入り
定価   2500円




やさしい賃金教室


著者   下山 房雄
出版社名 日本評論社
発行   1965年




 
編集人:飯島信吾
 
 ブログ:ある編集者のブログ
 企画・制作:インターネット事業団
       インターネット事業団(メールはこちらへ)
 U P 2012年04月22日
 更新  2012年08月22日
 更新  2012年09月15日
 更新  2012年09月17日
 更新  2012年10月01日
 更新  2012年11月09日
 更新  2013年01月11日
 更新  2013年02月21日
 更新  2013年03月08日
 更新  2013年05月05日
 更新  2013年05月17日
 更新  2013年06月05日
 更新  2013年06月20日
 更新  2013年06月21日
 更新  2013年07月12日
 更新  2013年08月08日
 更新  2013年08月24日
 更新  2013年09月07日
 更新  2013年10月03日
 更新  2013年10月16日
 更新  2013年10月28日
 更新  2013年11月06日
 更新  2013年11月09日
 更新  2013年12月11日
 リニューアル更新
     2013年12月21日
 更新  2013年12月22日
 更新  2013年12月28日
 更新  2013年12月30日
 更新  2014年01月30日
 更新  2014年02月05日
 更新  2014年02月15日
 更新  2014年02月21日
 更新  2014年03月14日
 更新  2014年05月15日
 更新  2014年05月30日
 更新  2014年06月11日
 更新  2014年06月26日
 更新  2014年07月11日
 更新  2014年08月01日
 更新  2014年08月24日
 更新  2014年09月17日
 更新  2014年10月28日
 更新  2014年11月09日
 更新  2014年12月20日
 更新  2015年01月20日
 更新  2015年01月23日
 更新  2015年03月01日
 更新  2015年05月16日
 更新  2015年05月19日
 更新  2015年07月14日
 更新  2015年09月05日
 更新  2015年09月30日
 更新  2015年10月06日
 更新  2015年11月10日
 更新  2015年12月10日
 更新  2015年12月15日
 更新  2016年03月17日
 更新  2016年09月01日
 更新  2016年10月10日
 更新  2016年12月29日
 更新  2017年01月01日
 更新  2017年01月16日
 更新  2017年02月09日




現代労働組合研究会TOPページへ





下山房雄のページnews

〒243-0405
神奈川県海老名市国分南2-26-8
PDF版:私の履歴書

▽新着情報(下線はその欄にリンク)




▽2017年01月16日
経済原論論争プラス日中両国共産党共通の課題・私の解釈

▽2017年01月01日
神奈川最賃千円裁判傍聴記(二十五)、かながわ総研所報『研究と資料』 2016年12月号掲載原稿(下山房雄・かながわ総研元理事長)
河上肇記念会総会に出席、下山房雄、治安維持法国賠同盟湘北支部『不屈 湘北版』(16年11月号 原稿)
戦争法廃止・4市(海老名・綾瀬・座間・大和)共同市民の会―活動報告、下山房雄、えびな9条の会、会報119号、2016年12月23日

▽2016年10月10日
「神奈川最賃1000円要求裁判」高裁要請書をプリント、署名

▽2016年09月01日
赤馬(あかま)通信(復刻版)

▽2016年03月17日
映画「顔のないヒトラーたち」を観ました、『不屈 治安維持法国賠同盟神奈川県本湘北支部版』2016年4月号原稿,下山房雄(海老名市国分やまに平在住)

アベノミクス第二ステージ――少子高齢化に対する財界の危機意識、労働総研ニュース2016年3月号『一億総活躍社会』批判 6―7頁、下山房雄

▽2016年01月09日
いがらし仁応援演説原稿――2016年1月8日・八王子いちょうホール(2016年1月24日投票)、八王子市長選 五十嵐仁さん応援演説原稿

▽2015年12月10日
神奈川最賃欄】:
神奈川最賃千円裁判傍聴記、[神奈川最賃裁判最終弁論](2015(平成27)年11月9日)(二二)、[NPOかながわ総研「研究と資料」193―2015年12月刊原稿
  
▽2015年10月06日
アベノミクス労働政策批判再論(日本再興戦略2014批判 労働総研ニュース、2014年10月号7-8頁)
アベノミクス虚偽性の深化(日本再興戦略2015批判 労働総研ニュース、2015年10月号)
アベ政治を許さない」ローマ法王フランソワの提言―武器販売の禁止―(えびな九条の会会報、2015年10月号投稿原稿)

▽2015年09月30日+10月02日
「神奈川最賃裁判傍聴記 第1回〜第21回」(2011年12月〜・2015年8月、途中報告)、下山房雄・岡本一・小越洋之助・牧野富夫+「神奈川 最賃千円以上裁判でわかったこと」
神奈川最賃欄】:神奈川最賃千円裁判傍聴記(二一)、[NPOかながわ総研「研究と資料」192―2015年10月刊原稿]
戦争法案反対の参加報告、「えびな9条の会」(第104号、2015年9月25日)
治安維持法で捕われ獄死したユン・ドンジュ(尹東柱)(治安維持法国賠同盟「不屈神奈川湘北版」(2015年9月号T-3頁所収) 
別のページへ
(113復刻)試論:経済学における主体性、1981.6、横浜経営研究U巻1号

▽2015年09月04日
永遠のゼロ=平和映画? 戦争映画?「えびな・九条の会」(第103号、2015年08月28日)
「学問の自由」と国旗掲揚・国歌斉唱は両立せず、「反戦情報」(第371号、2015年8月15日)
講演:日本帝国主義の朝鮮植民地支配と治安維持法を考える(「戦後70年 尹東柱没後特別企画 2015年8月22日、日本コリア協会かながわ県連主催第4回学習講演会)
読書の扉・ドナルド・キーン『渡辺崋山』を読む(下山房雄・かながわ総研元理事長、かながわ総研「研究と資料」191号、2015年8月1日)
別のページへ
(168復刻)書評:河西宏祐著『企業別組合の理論 もうひとつの日本的労使関係』、1990.10、東大・経済学論集56巻3号→河西の企業別少数派組合論の展開を積極的肯定的に評価する。
(201復刻)新福祉国家の構造と公務労働者、1998.11、下関市立大学論集42巻2号。

▽2015年07月14日
神奈川最賃欄】:神奈川最賃千円裁判傍聴記(二〇)、[NPOかながわ総研「研究と資料」190―2015年6月刊 28頁]

▽2015年05月16日+5月19日
神奈川最賃欄】:神奈川最賃千円裁判傍聴記(十九)、[NPOかながわ総研「研究と資料」189―2015年4月刊 26頁]
イタリア・ファシズム下の山宣事件―ムッソリーニに暗殺されたマッテオッティ議員、『不屈491号 神奈川版』治安維持法国賠同盟神奈川県本部、2015年5月刊4-5頁

▽2015年03月01日
書評:高橋祐吉著『現代日本における労働世界の構図――もうひとつの働き方を展望するために』(旬報社、2013年12月25日)、大原社会問題研究所雑誌 674/2014年12月、評者:下山房雄

▽2015年02月27日
神奈川最賃欄】:神奈川最賃千円裁判傍聴記(十八)、[NPOかながわ総研「研究と資料」188―2015年2月刊]

▽2015年01月23日
えびな・九条の会】護憲活動の活動を一層高めよう!! 「えびな・九条の会」(第97号、2014年01月25日)
「不屈」湘北版】日本帝国主義下の朝鮮における治安維持法、「不屈」湘北版、No.33号(2015.1.15)
国鉄・JR1047名首切り反対】2.15集会までに10万署名の達成を―全国運動は一つの潮流をなしてきた、「会報 国鉄闘争全国運動―国鉄分割・民営化反対! 1047名解雇撤回」、56号(2015年1月15日)

下山房雄(署名運動呼びかけ人/九州大学名誉教授)

▽2014年12月20日
神奈川最賃欄】:神奈川最賃千円裁判傍聴記(十七)[NPOかながわ総研「研究と資料」 187―2014年 12月刊]

▽2014年10月28日
政治学入門・上(1/2)――マックス・ウェーバー『職業としての政治』を読む――下山房雄(かながわ総研元理事長)、かながわ総研所報「研究と資料」14年10月号33-37頁「読書の扉」
政治学入門・下(1/2)――カール・マルクス「フランス三部作」を読む――下山房雄(かながわ総研元理事長)、かながわ総研所報「研究と資料」2014年12月号「読書の扉」投稿原稿

▽2014年08月24日
最近の論攷・書評】:シンポ「安倍政権と日本社会の行方」報告、「えびな・九条の会」(第92号、2014年8月22日)
書評・師岡康子『ヘイト・スピーチとは何か』(岩波新書、2013年12月刊)を読む、下山房雄(かながわ総研元理事長)、研究と資料、NPOかながわ総合政策研究センター、No.184、2014年6月1日

▽2014年08月01日
最近の論攷・書評】・【えびな九条の会】:九条学校=孫崎講演会報告

▽2014年07月11日
最近の論攷・書評】:アベノミクス労働政策の欺瞞、下山房雄、労働運動総合研究所、労働総研、No.95、2014年夏季号  孫崎享(うける)『日米同盟の正体』を読んで、NPOかながわ総研、「研究と資料」 155、2009年06月号