本文へスキップ

すべての人が使えるWEBを。

○○○○○○○○○○○○○○○小越洋之助のページ

「インターネット事業団のページ」へようこそ。

information新着情報


2018年05月22日
どうぞ、お読みください――2018年5月1日からの更新ページ
2018年05月20日
どうぞ、お読みください――2018年4月1日からの更新ページ
2018年05月20日
2012年8月から2018年4月までの主な更新ページ
2018年05月18日
◆「インターネット事業団のページ」をリニューアルしました。50ページ以上に及ぶサイトを順次、更新します。
HPの企画・作成・管理 ●HPの企画プランニング
●HPの作成
●講師のご紹介
●NPO・起業家支援プロデュース
●自主出版の企画・編集

40数年間、多数の出版・メディアの仕事を行ってまいりました。
デザイナー・ライター・カメラマン・弁護士・経理事務所のバックアップ体制が整っております。 安心してご相談ください。

  • ◆(以下、画像をクリックして下さい。当該ページにリンクしています)


▽2018.05.22
 


2018.05.01
◆2018.05.01:「ジャパンビバレッジのページ」発信――★サントリーグループの「ジャパンビバレッジ」の組合つぶしと闘う「ブラック企業ユニオン」(総合サポートユニオンブラック企業支部)!  






2018.05.01
「キッチンとまとのページ」――2018年5月のメニュー(ワーカーズコレクティブ・越谷市)








2018.05.05
「佐々木洋のページ」(札幌学院大学名誉教授)
2018年05月05日 『朝日新聞』(2018年5月5日朝刊、読書欄「情報ホルダー」)で、『生物学と個人崇拝』(ジョレス・メドヴェージェフ ロイ・メドヴェージェフ選集第3巻)が 紹介されました。
 
2018年05月05日  NPO法人ロシア極東研4月究会報告要旨 (研究会の質疑をふまえ一部改訂)、2018.04.27.pm18:30-20:15 於:北大学術交流会館、報告 佐々木洋(本会会員)
ソ連の’1945千島占領 はソ米共同 ㊙Project Hula Project Hula =装備 (艦船等)・訓練・引渡し計画に拠るものだった―根室振興局企画展の『運命の9日間』(Aug.28~Sept.5)によせて―ソ連の南千島・歯舞諸島占領に関する試作年表(4月研究会後改訂)、2018年5月5日現在。


2018.05.08
「ジャパンビバレッジのページ」
5月6日(日)の「ジャパンビバレッジ闘争についての緊急集会」の模様をUP。







 
2018.05.12
水辺の市のページ」(にぎわいの会・越谷市)
2018年05月12日(土):写真で見る2018年05月08日(火)の風景をUPしました。



越谷発:農家のページ」――「キッチンとまとのページ」
田村實さん(越谷市神明):身土不二を自らが担う




2018.05.12
「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページ、2007年10月号、1905号、発行日 2018年2月10日、旬報社、本体2,000円+税、旬報社、本体2,000円+税)に掲載され、その全文が本サイトで読めるようになりました。








2018.05.13
「世一緒のページ」 (NPO法人 障害者の職場参加をすすめる会・越谷市)

2018年05月10日  2018年度定期総会記念シンポジウム:障害のある人も生きづらさを抱える人も―いま地域で問われる「働き方改革」とは、ご案内。
2018年05月09日 障害者就労移行支援サービスって! ――ワークオフィス「世一緒」のご案内。
2018年05月09日  2018年5月09日(水)のすいごごCafe――第2期、最初の土田良幸さんの「働く私からの平成史」をUP。
2018年5月09日 ▽2018年2月21日(水)、埼玉トヨペット(株)を退職された渡辺新一さんがゲスト。
2018年05月09日 「職場参加ニュース」(58号、2018年4月号)、▽SSTL職場参加ニュースNO.58を発行しました。A4版フルカラー・10ページで内容は次の通りです。就労移行支援サービス事業所「世一緒」、プレオープン経て4月から開所――どんな障害があっても街の中で一緒に働きたい―その思いを応援します/こんな仕事をやってくれる人がいたら―人手不足の職場・地域のお手伝いをいたします。
▶CONTENTS◀いっしょにはたらいて まちにそよかぜ―就労移行支援「世一緒」オープン 1 /就労移行支援「世一緒」とは 2 /職場・地域ひろがりつうしん 4 /共同連マラソントーク 6 /共に働く街べんきょう会「福祉ドレイ工場の闘い」7 /世一緒NOWミニ版 8 /カレンダー 9 /スタッフ日記 10


 
2018.05.16
「仕事おこしのページ」(仕事おこし懇談会こしがやプラスα・越谷市)


2018年05月10日  2018年度定期総会記念シンポジウム:障害のある人も生きづらさを抱える人も―いま地域で問われる「働き方改革」とは、ご案内





2018.05.17
「五十嵐仁のページ」(法政大学名誉教授、前大原社会問題研究所所長)
◇最新刊! 『打倒 安倍政権―9条改憲阻止のために』(学習の友社)をご案内。

▽新着情報  2018.05.17  (別のページへ
「日刊ゲンダイなどへのコメント集」[「五十嵐仁の転生仁語」、2月21日(水)~5月14日(月)]
今こそ「水に落ちた安倍は打て」―安倍政権打倒に向けての追撃戦が再開された、日本科学者会議『東京支部つうしん』No.606、2018年4月10日付

2018.05.18
“すいごごCafe” (2018年5月)のページ
▽ 「東大『闘争」の前と後」――[2018年5月16日(水)の模様]。●水谷 淳子さん(耳鼻咽喉科開業医、越谷市)







 2018.05.20
「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページ





第4回例会
が開かれました。講師は浅見和彦(専修大学教授)さん。テーマ「▽イギリス一般労働組合の歴史から学ぶ」でした(2018年5月19日(土)午後13時~17時)。







▽2018.05.18
 


2018.04.01
「キッチンとまとのページ」――2018年4月のメニュー(ワーカーズコレクティブ・越谷市)  








2018.04.15
「世一緒のページ」 (NPO法人 障害者の職場参加をすすめる会・越谷市)

東武線せんげん台駅西口に開設した障害者就労移行支援事業所 せんげん台世一緒(よいしょ)の募集案内。
 




2018.04.15+22日
「世一緒-大久保製壜のたたかい」のページ
「共に働く街を拓くべんきょう会」――4月20日(2018年)、大久保製壜闘争DVDの上映・講演会 。開催しました。








 
2018.04.16
水辺の市のページ」(にぎわいの会・越谷市)
2018年04月16日(土):写真で見る2018年04月10日(火)の風景をUPしました。











2018.04.13
「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページ

◆第4回例会―事例研究のための素材 その3――【新しい労働組合運動の構図、浅見和彦のページ】
◇戦後日本の労働者と労働組合運動――その現段階と課題、浅見和彦、『唯物論』、東京唯物論研究会、2015年11月、No.89」。◇新しい時代の活動家像を考える――「人権2―調査と研究」[PDF]  、岡山 : おかやま人権研究センター、220号、2012年10月。◇「日本の労働組合運動の新しい構図」――『経済科学通信』(2012年8月号、No.129)。◇戦後日本の組合組織化運動とその論点――ローカルユニオンの歴史的な文脈、浅見和彦、月刊全労連、2007年10月号。◇戦後日本の労働組合の組織化戦略と活動――その経過と論点、浅見和彦、専修経済学論集、42―3、2008年 03月、A5判35p。 2018年04月17日 ◆第4回例会―事例研究のための素材 その2――▽イギリスTGWUを学ぶ全国一般全国協
労働運動再生への挑戦、いま全国一般全国協の局面を語る――遠藤一郎さん(全国一般全国協議会書記長)に聞く(労働運動活動家全国ネットワーク「LANN」2008年冬号掲載、2009年1月PDF発行)
▽中林賢二郎の『現代労働組合組織論』(1979年6月刊)で明らかにしたこと
1970年代におけるイギリス運輸一般労働組合運動から学ぶ
原題:補論 イギリス運輸一般労働組合の教訓と一般労働組合の課題(PD
▽企業別組合と現代労働組合運動の組織論的課題、中林賢二郎、大月書店、『日本の労働組合運動 5』1985年6月
イギリスのショップ・スチュワード――イギリス労働組合運動における職場組織と職場委員、掲載誌:研究資料月報 / 法政大学社会労働問題研究センター、法政大学大原社会問題研究所 、(通号 278) 1981.08(PDF版)
『イギリス通信――経済危機と労働運動』(中林賢二郎著、学習の友社、新書版、1981年9月25日)
《書評》イギリス労働運動の現状をどうとらえているか
日本の社会科学者が現地にみた現代イギリス労働運動の最近の動向――中林賢二郎著『イギリス通信――経済危機と労働運動』を中心にして、芹沢寿良、昭和57年(1982)3月31日発行、高知短期大学『社会科学論集』第43号抜刷



 
2018.04.16
「ユニオン・労働組合に入ろう」のページ
「業種別職種別ユニオン運動」研究会のページ


『私が歩んだ労働組合運動――品川・目黒の活動家の聞き取り報告 第三集』(同編集委員会刊行、目黒労協内[目黒区鷹番3の1の1 石田ビル302]、2017年11月1日発行。
『季刊 セオリスト』(2018年春号、010号、編集・発行 東京公務公共一般労働組合、2018年4月1日、〒170―0005、東京都豊島区南大塚2―33―10、500円)の紹介。
▽追記:公務公共一般労組づくりと職種別労働組合運動の構築へ――「ある編集者のブログ」紹介[2018年5月7日 (月) ]。


2018.04.25
「NPO本をたのしもう会」のページ

2018年6月開催の講演会:丹羽宇一郎さん
「いまこの国のかたちを考える」(元伊藤忠商事会長、元中国駐在大使)






2018.03.30
「石塚秀雄のページ」(非営利・協同総合研究所いのちとくらし主任研究員)
座談会 フランスの地域医療介護の動向と在宅入院制度、松田 亮三 、 小磯 明 、 吉中 丈志 、 石塚 秀、いのちとくらし研究所報 (61)、 30―53、 2017―12―31
モンドラゴンの現在と研究の到達点 (特集 モンドラゴン : 労働者協同組合の現在)、 石塚 秀雄、大原社会問題研究所雑誌 = The journal of Ohara Institute for Social Research (710)、 2―17、 2017―12
フランスの医療事故補償制度の現状、石塚 秀雄、いのちとくらし研究所報 (59)、 39―45、 2017―06―30

「研究所ニュース」 (非営利・協同総合研究所いのちとくらし)
●No.45(2014.02.28)からNo.61(2018.2.28)
【海外医療体験】スペイン透析体験記(その1)●研究所ニュース No.61 2018.2.28
外国語勉強法(1)――石塚秀雄氏の場合(その1)●研究所ニュース No.60 2017.11.30
三木清の協同主義●研究所ニュース No.58 2017.5.31
マルクス『ゴータ綱領批判』と保険共済●研究所ニュース No.57 2017.2.28
『資本主義を超えるマルクス理論入門』を読む――渡辺憲正・平子友長・後藤道夫・箕輪明子・竹内章郎・小西一雄、大月書店、2400 円●研究所ニュース No.56 2016.12.10
差別社会の克服と社会的経済●研究所ニュース No.55 2016.8.31
年金積立金の市場化はいかがなものか●研究所ニュース No.54 2016.6.30
「空想から科学へ」●研究所ニュース No.53 2016.2.29
EUにおける社会的経済の動向●研究所ニュース No.52 2015.11.30
ベニスの商人、ヘイトスピーチと保険●研究所ニュース No.51 2015.8.31
シカゴの若者雇用創出運動●研究所ニュース No.50 2015.5.31
ピケティ『21 世紀の資本』の前後読み●研究所ニュース No.49 2015.2.28
 EUの派遣労働と非営利・協同組織●研究所ニュース No.48 2014.12.15
EUの最低賃金について●研究所ニュース No.47 2014.09.01
国分寺市役所における公務労働と業務委託●研究所ニュース No.46 2014.05.31
フランスの社会的経済・連帯経済の規模●研究所ニュース No.45 2014.02.28




2012年8月から2018年4月までの主な更新ページ。


    (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)