本文へスキップ

すべての人が使えるWEBを。

○○○○○○○○○○○○○○○ページ

インターネット事業団のページへようこそ。

information新着情報



2020年02月25日
どうぞ、お読みください――2020年02月1日からの更新ページ
2020年01月27日
どうぞ、お読みください――2020年01月1日からの更新ページ
2020年1月~2020年12月
どうぞ、お読みください――2020年12月までの更新ページ
2019年1月~2019年12月
どうぞ、お読みください――2019年12月までの更新ページ
2018年5月~2018年12月
どうぞ、お読みください――2018年12月までの更新ページ
2012年08月~2018年4月
どうぞ、お読みください――2018年4月までの更新ページ
    





2020年1月から2020年12月までの主な更新ページ。

  
  (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)


2019年1月から2019年12月までの主な更新ページ。

  
  (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)


2018年5月から2018年12月までの主な更新ページ。

  
  (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)
2012年8月から2018年4月までの主な更新ページ。


    (クリックしてください。当該ページへどうぞ。)







▽21.02.05
◇「労働者協同組合の研究」のページ 

▼日本における労働者協同組合研究の先駆者たち――1980年代からの哲学・社会政策・協同組合研究と実践をふまえて
◆1980年代に再登場した「労働者協同組合」研究
◆レイドロー報告の衝撃――「西暦2000年における協同組合」、1980年のICA第27回モスクワ大会報告。◇『協同の發見』(協同総合研究所、2000年9月号、 No.100)◇[レイドロー報告]をめぐっての論評
◆『いまなぜ労働者協同組合なのか』(黒川俊雄 著、大月書店、1993年04月)。
◆『労働組合のロマン――苦悩する労働組合運動からのレポート』(中西五洲著、労働旬報社、1986年2月)。
◆労働者協同組合と現代、「賃金と社会保障」特集号、No.934(1986年3月下旬号)――中西五洲/黒川俊雄/富沢賢治/菅野正純/都筑健ほか。
◆協同組合労働の現実と展望、芝田進午――『協同組合で働くこと』(労働旬報社、1987年5月30日)、現代社会を考えるシリーズ:10、芝田進午編 西村一郎・永戸祐三・富沢賢治他。
◆1990年代における「労働者協同組合」情報の国際的視野を持った旺盛な発信
◆全日自労・事業団から労働者協同組合へ――菅野正純さんの活動軌跡(協同総合研究所主任研究員・日本労協連理事長)。
◆機関紙「じかたび」から「日本労協新聞」へ――松澤常夫編集長の奮闘、「日本労協新聞」編集長。
◆1990年代の協同総合研究所関係の出版物。 ●『仕事の発見』1994年8月号・第5号、特集 労働者協同組合への招待 教科書づくりのために
◆1990年代の労働者協同組合研究の出版(抄) 。
●学び・つながり・伝え合う――●『仕事おこしのすすめ』(池上惇著、シーアンドシー出版・協同総合研究所、1995年3月)(PDF完全復刻版)。
◆労働者協同組合研究者のみなさん (敬称略)――●富澤賢治のページ、●角瀬保雄のページ、●中川雄一郎のページ、●岡安喜三郎のページ、●石塚秀雄のページ、●田中夏子のページ、●柳沢敏勝のページ、●堀越芳昭のページ、●津田直則のページ。



▽21.02.05
◇キッチンとまとのページ」――2021年02月のメニュー

▼(ワーカーズコレクティブ・越谷市)





















▽21.0216
◇「草加 視覚障がい者虹の会」
















▽2021.01.17
◇「関生支部の闘いとユニオン運動」を紹介。
▽(木下武男:文、第1回~第10回、関西生コン・連帯広報委員会)

 第1回 武建一委員長と私の出会い
 第2回 「業種別・職種別運動を大阪の地で展開」
 第3回 「苦難の闘いで見えた真の『敵』」
 第4回 「産業別統一闘争の合い言葉『他人の痛みはわが痛み』」
 第5回 「暴力に屈しない-「嘆くな。組織せよ!」
 第6回 「第一次高揚期」における組織の飛躍-「箱根の山を越えて」
 第7回 「関東における生コン労働者の闘い-『関生型労働運動』を迎え入れる生コン労組」
 第8回 「労働運動の歴史における関西地区生コン支部の位置-産業別労働組合の定着」
 第9回 「関生支部への共産党の分裂・脱退攻撃-政党の労働組合への組織介入」
 第10回 「政党による労働組合介入の思想-赤色労働組合主義」







▽2021.02.25
◇「すいごごのページ」
(2020年7月~10月開催分)


▽「強いられた不妊手術」――大坂冨男さん、2020年10月07日(水)
▽「『こんな所あっていいのか』精神医療人権センターを立ち上げて」――星丘匡史さん、2020年09月30日(水)
▽「BGMは浦鑑ブルースーべしみ四半世紀の星名良浩さん」――星名良浩さん(くらしセンターべしみ施設長)、2020年09月23日(水)
▽「コロナ中間まとめ あやふやなまま煽られる危機感・ワクチン」――水谷淳子さん(耳鼻咽喉科開業医)、2020年09月16日(水)
▽「小春、おしん、アイーン & オエヴィス 分断の世紀に共にを探る」――小川輝明さんと関係者によるトーク、2020年09月09日(水)
▽「厳しい靴業界ーでも街で一緒に学び、暮らし、遊び、働く」――尾谷英一さん((株)ニューオタニ社長)、2020年09月02日(水)
▽「障害のある人もない人も」――会沢完さん、2020年08月26日(水)
▽「これからもこの家で暮し続けたい」――村田玲子さん、2020年08月05日(水) 
▽「どこから来てどこへ行く」――伊藤利子さん、2020年07月29日(水) 
▽「越谷市多文化共生推進プランについて――その活動へのモチベーション」(2021年01月20日)、関根賢一さん(国際交流ボランティア)をUP。
▽「県議会びっくり辞典」(2020年7月15日)、辻こうじさん(埼玉県議会議員)をUP。
◆2016年に作成された「パンフレット」の表紙。











▽2021.01.01
◇「すいごごのページ」
(2020年11月~12月開催分)

 ▽「坂口亜美さんとお連れ合いによるロイヤルリムジン事件の訴訟で「勝訴的和解」をかちとるまでの体験と教訓」――2020年12月23日(水)●坂口亜美さんとお連れ合い
▽「こどもの国のオトナ」――2020年12月16日(水)●関啓子さん(元教員でぺんぎん村)をUP。
▽「郁美と友達そして私」――2020年12月09日(水)●藤ヶ谷理江さん
▽「介護者サロン、仕事おこし懇談会から 共生・共働への踏み跡を探る」――2020年12月02日(水)●大家けい子さん(NPO法人さいたまNPOセンター越谷事務所)
◆すいごごCafe News Flash――「職場参加ニュース」(NO.71、2021年1月2日発行)より―― [11月11日 井原木奈美さん]/ [11月18日 石井樹章さん]/ [11月25日 西塙美子さん]/[12月2日 大家けい子さん]/[12月9日 藤ヶ谷理江さん]
▽「うつになり、その後社会福祉士の勉強を始め、またばり研やわらじの会に出会う。」――2020年11月18日(水)●石井樹章さん(くらしデザインスタジオ一級建築士事務所) 



▽21.01.01
◇キッチンとまとのページ」――2021年01月のメニュー

▼(ワーカーズコレクティブ・越谷市)

























▽2021.01.10
◇「五十嵐仁のページ」のリニューアルUP。
(上記をクリックして)





◇1年間(2020年)の仕事をまとめ――著書、論攷・インタビュー・談話・コメント・書評など、講演・報告など、街頭演説・あいさつ・発言など







  別のページ
200904コロナ禍、歴史的な野党連合政権の実現を! 『神奈川革新懇ニュース』No. 229、2020年9月号
201911東京新聞コメント
200913韓国のウェブメディア《NEWSTOF》に掲載されたインタビュー 2020年9月8日付
200924「安倍政治」の継続を許さず野党共闘で連合政権実現を 『全国商工新聞』第3426号、2020年9月14日付
201002菅新政権をどう見るか―安倍なき「安倍政治」を受け継ぐ亜流政権 東京土建一般労働組合の機関紙『けんせつ』第2331号、2020年10月2日付
 201007学術会議への人事介入〔以下のコメントは『しんぶん赤旗』10月5日付
201019安倍政権とは何だったのか―7年8ヵ月の総括 『学習の友』2020年11月号
201023「安倍政治」の継続許さない!―九条の会東京連絡会9・18大集会」での講演の記録です。『生きいき憲法』No.69、2020年10月14日付
201101書評:上西充子著『呪いの言葉の解きかた』晶文社、2019年『社会政策』第12巻第2号、2020年11月号
201112 日本学術会議人事介入事件の本質 『東京革新懇ニュース』第457号、2020年11月5日号
201210大原社会問題研究所の思い出―『日本労働年鑑』の編集業務を中心に、『大原社会問題研究所雑誌』第745号、2020年11月号 
201214日本政治の現状と変革の展望  201215日本民主主義文学会の『民主文学』2021年1月号










▽2021.01.17
◇『北大1969――あのころ私たちが求めていたもの』を紹介。
、(2020年12月25日、「北大1969」編集委員会編、代表 手島 繁一、発行 メディアデザイン事務所マツモト)
「手島繁一のページ」を更新。



はじめに  編集委員会を代表して 手島繁一
目次一覧
奥付 














▽2021.01.18
◇「現代労働組合研究会」―2101年1月から更新。
(上記をクリックして、ぞ)



現代労働組合研究会のTOPページ――(2020年12月まで)
現代労働組合研究会のTOP
ページ(2016年7月11日以前)

それぞれの労働運動史・論 1
それぞれの労働運動史・論 3
それぞれの労働運動史・論 4
労働組合・労働問題の本

ユニオン・ショップ、労働組合の選択の自由、連合内「閉じこもり論」、連合内「階級的民主的強化の担い手論」をめぐって
インフォーマル組織の過去・未来





▽2021.01.27
◇石塚秀雄のページを更新・UP。
(非営利・協同総合研究所いのちとくらし主任研究員、インターネット事業団の仕事:21)





「労働者協同組合法成立と協同労働について」
――(石塚秀雄、いのちとくらし研究所報第73号、2021年1月号)をUP。


◆「主な論文・エッセイ等」のページ
 
http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/ronkou.htm  
モンドラゴンの現在と研究の到達点 (特集 モンドラゴン : 労働者協同組合の現在)、石塚 秀雄、大原社会問題研究所雑誌 = The journal of Ohara Institute for Social Research (710)、 2―17、 2017―12
ヨーロッパの町に学ぶ・ささえあいと協働――スペイン、イタリアの事例、大田区NPOささえ愛の会講演概要、石塚秀雄、2014.10.25 
国分寺市役所における公務労働と業務委託、石塚秀雄、研究所ニュース46、非営利・協同総合研究所いのちとくらし、2014年5月31日
◆「モンドラゴンの研究」のページ
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/ronkou.htm
◆「社会的経済の研究」のページ 
 http://e-kyodo.sakura.ne.jp/ishizuka/syakaitekikeizi.htm



























インターネット事業団のページ











































 



 



 


 


 


 


 

 

 

 

 

 
 



現代労働組合研究会のHP
  
  労働組合・ユニオンの動向
  それぞれの労働運動史・論 1
  それぞれの労働運動史・論 3
  それぞれの労働運動史・論 4
  労働組合・労働問題の本
  ユニオンショップを超える
  連合を担う人たち
  全労連を担う人たち
  
全労協をになうひとたち
  インフォーマル組織の過去・未来








 
編集人:飯島信吾
ブログ:ある編集者のブログ

企画・制作 インターネット事業団(本メールにご連絡ください)

UP 2013年03月19日 

更新 2021年01月01日
更新 2020年01月03日
更新 2020年01月10日
更新 2020年01月18日
更新 2020年01月27日
更新 2020年02月25日