HPのUP:2014年03月25日

旬報社は今秋創立65周年を迎える。小社をご指導いただいた故沼田稲次郎先生は、『労働法律旬報』誌上において健筆を振るわれ100本を超える論文を発表されるとともに、『著作集』全10巻を含め20冊余の単行本を刊行された。ここに「沼田稲次郎著作目録――人と学問の歩み」を掲載し、労働運動・社会運動とともに歩んでこられた研究の足跡を、先生の人間としての歩み、先生の思想の成熟と交錯させながら、あとづけることができたらと思う。

沼田稲次郎先生の略歴および主要著作お知らせ

敗戦から平和と民主社会の形成という激動の時代を、労働運動・社会運動とともに歩んでこられた研究の集大成・「沼田稲次郎著作目録――人と学問の歩み」を収録。    (PDF版)(一挙に読めます)


























  

越中人譚お知らせ

発行:チューリップテレビ 文:仁ヶ竹亮介(高岡市立博物館学芸員)、2003年7月10日












沼田稲次郎

1914年(大正3年) 5月25日、富山県高岡市に生まれる。
1952年(昭和 27年)8月、東京都立大学教授(人文学部)に就任。
1965年(昭和 40年)4月、東京都立大学法経学部長に就任。
1973年(昭和 48年)4月、東京都立大学総長に就任(〜81年3月、2期8年)。
1997年(平成9年) 5月16日、死去。享年82歳。




◇編 集:旬報社編集部
 責任者 :木内洋育 
 編集協力:石井次雄
 制  作:飯島信吾

 UP:2014年3月25日
 更新:2014年4月18日
 更新:2014年4月26日
 更新:2014年5月25日
 更新:2016年5月23日